最新のお葬式情報まとめ

お葬式の準備をいつからはじめればいいのかについては、どのようなプロセスで家族が自分が亡くなったのかによっても異なります。
一般的に、病院で亡くなった場合にはその病院と取引がある葬儀社が取り仕切るケースがありますが、利用しているお寺やお世話になっている葬儀社がある場合には、病院に出入りしている業者を利用しなくても良いのが一般的です。
なくなってすぐに葬儀社に連絡をして、その日のうちに葬儀の段取りを決めます。

お葬式の準備はいつから始めればいいのか

お葬式の準備はいつから始めればいいのか お葬式の準備をいつから始めればよいのかについては、亡くなったことが分かった日に葬儀社に連絡をして打ち合わせをするのが一般的です。
身内が亡くなると悲しみに暮れてそれどころではなくなってしまいそうですが、お葬式の予約や打ち合わせをしておかないと、火葬場の予約もできませんし、弔問客にも知らせなくてはなりませんので早めに段取りをする必要があります。
そのため、いつから始めればいいよかという事に関しては、亡くなってすぐに葬儀社に連絡をするのが良いでしょう。
遺体を自宅まで運ぶのも葬儀社の仕事ですし、病院に出入りしている業者に依頼すればすべて段取りを行ってくれます。
喪主とのやり取りが主になりますので、早めに喪主を決定するのが良いでしょう。

お葬式準備はスピード勝負

お葬式準備はスピード勝負 お葬式の準備は、長く疾患を患っていた場合でも何時お亡くなりになるかは分からないので故人が無くたってから一気に行われる事が多くあります。
お葬式の準備は、医療機関や警察機関などからの故人の遺体引き取りに始まり、通夜や告別式などを足掛け2日の一昼夜で行われる事が大半を占めています。
現在では、従来に比べて通夜への弔問客や告別式の参列者が極端に少ない家族葬が大半を占めている事から返礼品や通夜振る舞いなどを打ちわせ事項が少なくよりスピーディーになっており、通夜を行はない1日葬や通夜も告別式も行わない直葬が増加し更にスピーディーになっています。
直葬は、残された親族や気心の知れた知人だけの極限られた人達だけで執り行う家族葬よりも近年になって増加しているコンパクトかつシンプルな葬儀形態ですが、東京都を中心に関東地方の6件に1件が直葬とされ、家族葬を凌ぐ勢いで増加している葬儀形態です。
しかし、一般的なお葬式では、通夜や告別式を行う為、通夜の弔問客や告別式への参列者をどの程度か推測し自宅で執り行うのか、葬儀業者の斡旋する斎場で執り行うのかを決める必要があります。
また、極限られた親族や気心の知れた知人だけで執り行われる家族葬や1日葬は、対外的な見栄を張る必要が無いので比較的安価な葬具を選択すると共に余分な献花などを省くので打つ合わせ時間が短く済みますが、一般的なお葬式ではグレードの高い葬具を選択すると共に打ち合わせ事項も多いのでスピードが必要となり、大切な人を亡くした遺族にとっては結構な負担となっています。

お葬式をするには葬儀社と斎場のどちらから探すべき?

お葬式をするためには何から決めれば良いのか分からない、という人もいるのではないでしょうか。そのような場合にはまず葬儀社を選ぶと良いかも知れません。
どこの斎場を利用したいかなどをまだ特に決めていない場合、亡くなってからでは検討する暇がない場合が多いです。
またその時期の混雑具合によっては、都合の良いタイミングで利用することが出来ないことも考えられます。しかし初めに葬儀社を決めておけば、他の適した斎場を探してもらえ、何かと忙しいときでもスムーズにお葬式を済ませることが出来る可能性がたかまります。
とはいえ利用した斎場がすでに決まっているのならば、その会場での葬儀に対応している会社を探して選ぶという方法も考えられます。どちらの場合でも急に探そうと思うと、時間的余裕がないことも少なくありません。
そのためお葬式の場所やスタイルにこだわりがある場合には、前々から希望に合う葬儀ができるよう考えておくとスムーズです。

お葬式で利用する祭壇の種類と選び方のポイント

身内に不幸があった際には最後のお別れとし、お葬式の準備を進める必要があります。利用する斎場を選ぶだけでなく、葬儀プランなど様々な事を残された遺族は準備をする事が必要です。
実際にお葬式を行う中で準備すべき内容の1つに、祭壇があり式全体の雰囲気なども踏まえて選ぶ必要が出てきます。
実際にお葬式の規模なども考慮して、祭壇の種類を選ぶのがポイントの1つです。また葬式自体の宗教的な考え方で言うと、仏式だけでなく神式やキリスト式によっても選ぶ祭壇の種類は変わってきます。
初めて出わからない事が多くありますが、斎場のスタッフの方に相談して決めるというのも有効的な手段の1つです。
利用する祭壇の大きさや作られている素材によっても、費用面で大きな違いが出てきます。実際に斎場のホールを利用するだけでなく、自宅葬をする場合でも規模は変わってくるのが特徴です。
大きさや使用されている素材や宗派の他、費用面など様々なポイントを理解した上で選ぶ事がポイントといえます。

お葬式に子どもを連れていくときに気をつけたいこと

お葬式に参加するのは珍しいことではありませんが、基本的に子育て世帯の場合は子どもを一緒に連れて行くこともあると考えられます。
そのような場合は大人と同じように服装に気をつけないといけませんから、最低限のマナーは守るようにしないといけないです。
黒色にまとめた感じの服装にするのが大切になりますから、派手な洋服は選ばないようにしないといけません。派手な洋服で参加してしまうと遺族に不快感を与えてしまうことがあるかもしれないので、そのような状態にならないために気をつけるのが大切です。
また子どもをお葬式に連れて行く場合は泣き止ませるためのおもちゃなどを持参するのが重要であり、そのようなツールを持っておかないと迷惑をかけてしまう可能性があります。
基本的には泣いてしまったり、飽きてしまった場合は両親と一緒に外に出るのも大切な選択肢になるはずです。遺族に説明すれば理解してもらうことができますから、何も心配する必要はありません。

お葬式のお布施の意味と相場について知っておこう

お葬式に必要な僧侶の読経に対して支払われるお金が、いわゆる「お布施」です。この「お布施」は、基本的に故人と親交のあった菩提寺に支払われます。
もし菩提寺がないという場合は、お葬式でお経を読んでくれた僧侶に対して支払うものです。
宗派や地域ごとに、この費用の相場は異なります。お経を読んでもらう場はお通夜・告別式・火葬場の前といったように複数回存在するものです。加えて、全国の相場はいわゆる戒名料やお車代を含んだものとなります。
その結果、お葬式での僧侶への布施はおおよそ26万円と言われており、決して安いものではありません。地域によっては20万円程度の場所があり、事前にお葬式を行う地域の相場を調べておく必要があります。
判断に迷ったときは、葬儀会社や親戚に相談することが大切です。今後、法要や法事をお願いするかどうかという点においてもお寺や僧侶との関係は異なります。よく話し合い、遺族が納得する金額を納めるようにしましょう。

知っておきたいお葬式と納骨式の違いについて

お葬式と納骨式は何が違うのか、という疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。お葬式は故人の冥福を祈り、見送るための儀式です。
一般的に亡くなった方の家族や友人、知り合いなどが集まって行われます。一口にお葬式といっても様々なタイプがあり宗教・宗派などによって具体的な内容には違いがあるのが特徴です。
日本で最も多いのが仏教式のもので、僧侶が読経をし参列者が焼香をおこないます。神道やキリスト教でもそれぞれ祈祷や聖書の朗読などが行われます。お葬式は多くの場合、通夜の翌日で所要時間は1時間から3時間ほどです。
納骨式は葬式とは異なる意味があり、火葬した後の遺骨をお墓に納めるための儀式です。
一般的に葬儀は亡くなってから4日から8日くらいまでの間におこなわれますが、納骨は四十九日や百か日、もしくは一周忌や三回忌などのタイミングに合わせることが多いでしょう。これらは特に決まりがある訳ではないので残された人たちで決めることが可能です。

お葬式のコンパクト化で家族での別れの時間を増やせる

お葬式は近年コンパクト化してきています。
一昔前までは、近所の人が集まって葬儀に出す料理を作ったり世話をしたりするのが慣習化されていましたが、核家族化が進んで葬儀自体を自宅で行わずに葬儀場を利用する人が増えました。
近所付き合いが希薄となり、家族だけに見送られたいと願う故人も増えましたし、家族葬など葬儀がコンパクトになった分、家族と故人が最後の別れの時間を大切に過ごすことができるようになりました。
また、お葬式にかかる費用も抑えることが可能です。
生前自分が死んだあとの希望を聞き取ることができていれば、その願いに沿ってお葬式をどうするか決めることができますが、事前に話し合っていなかった場合はどうしても残された家族が手探りで取り仕切らなければなりません。
本当は盛大に色んな人から見送られたいのかもしれないとか、家族や親しい人だけに送って欲しいのかもしれないといった迷いを抱えながら葬儀の段取りを決めていかなければなりません。
コンパクト化は決して悪い事はなく、時代の流れに沿ったものでもありますので、一度検討してみるのもいいのではないでしょうか。

お葬式にはまとまったお金が必要になりますが節約できる部分も多い

お葬式を行うときにはまとまったお金が必要になりますが、工夫次第で節約できる部分も多くなってきています。
以前はお葬式といえば、大規模に行うために広い会場が必要になることが多かったのですが、最近は小さな規模で行いたいという人が増えています。
費用を安く抑えたいという意向もありますが、それだけでなく静かに故人を見送りたいと考える人が増えたからです。
参列者が多ければ多いほど、遺族側は挨拶回りに時間がかかってしまいますし、飲食物の用意をしなければなりません。
参列者が多いと広い会場が必要になりますが、会場が大きければ多いほど使用料も高くなります。
そこでお金を節約するために、参列者を減らして会場を小さ目のものにしたり、用意する飲食物を減らすようにします。
そのためには一般的な葬儀ではなく、家族だけが参列する家族葬を選んだりすることで費用を安く抑えられます。
もちろん費用を安く抑える家族葬であっても、故人を想う気持ちには変わりがないので、満足度の高いお葬式を実現できます。

お葬式には喪服着用が基本になるが他に気を付けるべきこと

お葬式に参列するときは、喪服を着用することが基本です。
しかし自然と比べると、服装に強い縛りなどはありませんから、黒系統の地味な色のものであれば問題ありません。
ただその他に気を付けるべきこととして、お葬式には光り物や革製品などのものを避けることが重要です。
男性が身に着けることが多いベルトや、女性のヘアクリップなどはピカピカするものがあるとマナー違反になってしまいます。
またお葬式には蛇を使ったクロコダイルのバッグなどはご法度ですし、ミンクなどの毛皮も良いとされていません。
そして見落としがちなものが、子どもが一緒に参列するときの服装です。
子どもの多くは喪服を持っていませんから、学校指定の制服であったり、やはり黒や紺といった地味なものが良いでしょう。
同時に、子どもの靴に光り物のバックルがついていないかを確かめたり、ヘアゴムなどにピカピカしたものがないかを確認しておくと安心です。
決められた規則などはありませんが、お葬式には常識の範囲内の服装をすると間違いがありません。

お葬式をした後には墓石の準備を始めること

お葬式をした後には、火葬をして遺骨になりますから、そのままいつまでも手元供養をするわけにはいきません。
もちろん気持ちの整理がつくまで、手元に置いて話しかけたりする時間も必要になります。
しかし時間がたったら、誰でも気持ちが落ち着いてきますから、正しい場所に安置することになるでしょう。
檀家になっている場合には、お寺さんに預けるという方法もありますが、多くの人がお墓に入れます。
お墓は代々受け継ぐものですが、親やその前の世代が持っていないということもありますし、他の親戚が想像しているので使用できないこともあるでしょう。
そんな時は、お墓となる場所を購入して、墓石を自らが設置することになります。
多くの人は自宅から近い場所に設置を行いますが、場所は自由に選ぶことができるので、気に入ったところを予算内で探します。
お葬式の後にすぐにお墓に遺骨を納めることもあれば、ゆっくり墓石を選定して建設してから納めるなど、決められたことはありません。
決して焦ることなく、自然な流れに任せて手続きを行うと、ゆっくりと悲しみも癒すことができます。

首都圏のお葬式が年を追うごとに簡素化されている。

お葬式は、江戸時代以降豪華かつ大規模なほど故人に対する遺族の孝心があるとされ、より多くの参列してもらえることが故人の人徳とされて来ました。
しかし、高度経済成長の終焉を告げるバブル経済の崩壊以降、お葬式のグレードや規模が年を追うごとに簡素化されており、特に首都圏での簡素化が顕著とされています。
背景には、30年以上続く経済不況で葬儀費用を捻出することが難しい状態に陥った家庭が増加傾向にあり、集団就職による檀家制度の崩壊に端を発する宗教観の大きな変化がお葬式の簡素化及び縮小化を招いている様です。
現在では、従来の仏式葬儀の慣習である通夜・告別式・火葬の流れを無視した信仰が増えており、首都圏では6件に1件以上が通夜と告別式を執り行わない直葬となっています。
また、元々お骨揚げの際に全てのお骨を拾い上げない関西地方では、お骨上げを一切行わずに火葬場に処理を任せるゼロ葬が増加しており、ゼロ葬は直葬と同様に増加するとされています。

お葬式関連サイト

中野区でお葬式関連のプランを提供しています

中野区 お葬式

新着情報

◎2023/9/19

情報を更新しました。
>お葬式のコンパクト化で家族での別れの時間を増やせる
>お葬式にはまとまったお金が必要になりますが節約できる部分も多い
>お葬式には喪服着用が基本になるが他に気を付けるべきこと
>お葬式をした後には墓石の準備を始めること
>首都圏のお葬式が年を追うごとに簡素化されている。

◎2022/11/10

情報を更新しました。
>お葬式をするには葬儀社と斎場のどちらから探すべき?
>お葬式で利用する祭壇の種類と選び方のポイント
>お葬式に子どもを連れていくときに気をつけたいこと
>お葬式のお布施の意味と相場について知っておこう
>知っておきたいお葬式と納骨式の違いについて

◎2019/2/8

ミスを起こさないために
の情報を更新しました。

◎2018/12/5

お葬式の案内は身内が
の情報を更新しました。

◎2018/10/12

どんなカバンを持てばいい?
の情報を更新しました。

◎2018/8/3

夜中でも業者に電話
の情報を更新しました。

◎2018/6/8

お葬式の準備を進める
の情報を更新しました。

◎2018/3/9

サイト公開しました

「お葬式 準備」
に関連するツイート
Twitter

昨日義祖母が亡くなり今日明日でお葬式参列のために関西へ🚅1年半前に義祖父のお葬式あったので準備は比較的スムーズに完了🙆前回会った夫のいとこの子供たち(息子にとってのはとこ)総勢8人大きくなってるだろうな。息子はいとこおらず同世代の親戚と会う機会がなかなかないのでその点は少し楽しみ。

だって消費者を欺いて平気で表示価格の数倍にまで葬儀費用を膨らませたり。国産ワンボックスカーを霊柩搬送に仕立て上げた車の駆動輪が丸坊主だったし。お寺の備品の電気ポットを空炊きさせたり。職員ワンオペでお葬式準備をさせたりと悪い事に関しては全て記し切れません。

返信先:返しました、ありがとうございます 仲良くしてください して下さらない場合はお葬式のご準備の程よろしくお願いいたします。

返信先:お葬式準備してたよはやくこないから

身内が亡くなったので今日明日とお通夜とお葬式出席の為お休みをいただきました 慌てて準備してこれから帰省しますー 飛行機チケットはなんとか取れたんだけど 強風で飛行機飛ぶかどうかがまだわからなくて不安。。 とりあえず空港行ってくる